読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

TureTiru Times

つれづれ「ちる」ままに日常や学問、ライフハックについて書き綴るブログ

分かり合うために言葉は尽くすべきかシンプルにまとめるべきか?【勝手に語るためいきの日曜日 vol.2】

あとで読む

スポンサードリンク

f:id:toshitiru:20160207235918j:plain

犬もつらいよ。

なんで人は分かり合えないのでしょうか?

「当たり前じゃねーかうなもん。そんなこと考えてるだけ無駄だぜ。おっ、かわい子ちゃんはっけーん!」

なんて人も時たま出会います。

 

分かりません。tiru@ture_tiru)です。

 

いや、正確に言えば分からなくもないのです。

ただそうしたいとは思わない

 

こうやって「別に悪いわけじゃないんだけど」なぜか誰かしらが取る行動を自分からはしない。

何かが引っかかるから。

でも、時にそうしたひっかかりを汲み取った方がいいのでしょう

 

「でしょう」というのもやっぱり基本的には僕もやりたくないのです

ただやった方がいいと思ったことがあったのでコーヒー飲みながらクッキー食べてためいきつきながら書きます。はぁー。ちょっとしんどかったー。

 

文章は言葉を尽くすべきか?シンプルにするべきか?

最初に言っときたいのですが、僕は基本的に分かり合うためには言葉を尽くす必要はどうしても出てくると考えています

 

確かに、感情も無視できません

シンプルな言葉にはどこか魅力的な引力のようなものが時たま宿ります。

 

名言なんてその類ですよね。

liberal-arts-toshitiru.hatenablog.jp

 

他にも広告やキャッチコピー。いろんなところにシンプルな言葉は散らばってます。

 

言葉を交わさなくとも分かり合える。

そういった経験をしたことがある方もいるでしょう。

僕もあります。

 

けど、やっぱりそれってどこか感情論なんですよね。

どうしてもどこかでズレがでかくなる

感情は一時の状況で生じたもので、やっぱり人間はロジカルな生き物なんだと思うんですよ

 

結婚したからっていつまでも仲睦まじくいられるわけではありません。

もしそうだと思っているなら小説を読みましょう。

もしくはもうちょっと周りの現実をよーく見ると、人間の暗い面が垣間見えると思います。

 

一応、僕は研究者志望なので論理的でありたいのです。

そして同時に分かり合いたいです。

分かり合うために言葉を尽くす必要があるわけ

本当に分かり合うためには、

  • 何が理解を妨げているのか?その前提は?
  • どうして自分がまた相手がそのように考えたのか?
  • それを解決するためにはどうすればよいか?

などいろいろ考える必要があります。

 

文章を書くっていうのはそういった意味でしっかりと論理でつないでいくことがしやすくて僕は好きです。

ちゃんと順を追ってなんでそう考えたのか表現できます

 

例えば、僕がいきなり「『シンプルな表現』は危険だ。人を惑わす。」みたいなこと言い出したらちょっと意味分かんないはずです。

 

こうして文章にして書くことで、即興でなくきちんと落ち着いて書くことができます。

 

「この世の不利益はすべて当人の能力不足」という言葉も「結局、自分しか変われない」という意味で部分的には正しいけど、「社会的要因など考えるとすべて自分の能力不足に落とし込むことはできない」という意味で部分的には正しくないわけです。

 

liberal-arts-toshitiru.hatenablog.jp

 

だけど、便利でしょう?こういう言葉。ストレートですからね。

ただそんな簡単に表せるほど世界は単純じゃないですよハッキリ言って。

 

だから僕は出来ることなら言葉を尽くして表現して伝えたい。

そして、伝えるだけじゃなくその先のアクションへ繋いでいきたいのです

「通りで読者が増えないわけだ。」

これはこの間僕が言われた言葉です。

僕がここまで書いてきたことを少し端的に言い、そう言われました。

 

「伝えるためにはシンプルにしなきゃいけない。」

 

確かに一理あると今はその時より思っています。

それから意識して改善をしています。

そして、うれしいことに確実に「読まれる」ようになったんですよね。最近。

文章だけじゃなくデザインなど地道な積み重ねをした結果だと思います。

 

僕はね、その時も今もすごい悔しいなって。

「なんで大して読んでもないくせにそんなこと決めつけるかなぁ」

と。

 

だから決めました。

 

 

「言葉を尽くしつつも、シンプルにも研ぎ澄ませていく。」

と。

 

時々人の意見を汲み取りながらそれでも譲れない何かをこの手にガチッと握りしめていきたいです

そうしたある種人間的な醜さも「美しさ」の一つだと改めて思う日曜の夜です。

 

この方の記事を読んでも思いました。

oulaw.hatenablog.com

 

まぁ、結局ケースバイケースなんですけどねもちろん。

その人の目的に寄りますよね。笑

「勝手に語るためいきの日曜日」でした~

 

これからも読んで良かったと少しでも思われるような、それでいて書いてて気持ちぃぃぃぃと僕が勝手にテンション上げていくような密度の高い文章をガンガン書いていきますよっ!

 

では!

 

 

広告を非表示にする