TureTiru Times

つれづれ「ちる」ままに日常や学問、ライフハックについて書き綴るブログ

この世の「真実」を僕なりの言葉で叫ぶ。

あとで読む

スポンサードリンク

久しぶりに心が震えたので思いのたけをただ叫びます。

 

f:id:toshitiru:20160126014654j:plain

線路の彼方

 

きっかけ

こちらがそのきっかけのブログ記事です。

 

www.parabell-life.net

 

タイトルの通りの記事です。

そこに記事内の言及を付け足すなら、

「ただしやりたいことは楽に生きることじゃないからな。」

ということでした。

 

やりたいことをするのがどうして楽じゃないのか?

どうしてやりたいことをするのが楽じゃないのでしょうか?

 

記事では、こう結論づけられています。

 

結論から言って、やりたいことをやって生きていくのは、まったく楽じゃない。むしろきつい。もし日々に不満をこぼす勤め人としての生活を続けているなら、それはよほどのブラック企業でもない限り、楽な人生だ。何でも人や会社、社会のせいにできる。

 

そうなんです。

自分が本当にやりたいことをやらないということは、つまりどこか誰かに言い訳をする機会を保つということでもあります。

 

「会社のシステムが悪い。」

「あの上司・部下が使えない。」

「そもそも社会が悪い。」

 

いくらでも言葉を紡ぐことができるでしょう。

 

しかし、殊やりたいことをやるという人生を選んだ時、どうしても付きまとうのがお金の問題なのです。

 

生きるためにはある程度のお金を稼がなければなりません。

 

どうしてでしょうか?

 

そもそもお金ってなんなのでしょうか?

 

お金ってそもそもただの媒介手段

今は生きていくためにお金というただの代替する手段にしか過ぎないものに頼らざるをえない側面が大いにあります。

 

本来はお金は必ずしも必要なものではありませんが、共通の社会システム-相互扶助を考慮に入れた-を構築するためにはどうしても必要な媒介でした。

 

そもそもお金の起源というものもそうした等価交換を簡単に行うために生み出されたものです。

あくまで、価値を交換する指標にしか過ぎないものがここまで浸透すると、力を持つようになったのが現状です。

 

何をするにしても一定のお金がいります。

 

なぜお金を必要としない選択をしないのか?

生きることだけを考えるなら、確かに必ずしもお金は必要ないかもしれません。

ですが、みなそれを選ぶことはほとんどしません。

 

なぜか?

 

それはそうした状況を望まないからです。

知ってしまったからです。そうじゃない生き方を。

 

※追記

 

さすがに深夜と酒の勢いに任せて書きすぎたので修正させて頂きます。

 

まず、思うに「生きる」ということでどうしても周りに影響されます。

今は基本的に資本主義社会をベースにお金が回っていて、そうしたお金を循環させることで社会的システムを維持してるかと思います。

そこで競争原理が取られ、魅力的?な広告がばらまかれます。

 

広告というのはものに限らず、サービス・人間関係、人生の在り方などを含み、そうしたものはメディアに乗り、一種の文化を形成します。広告の媒介となる手段にも、言葉・映像・各役者の姓、身体性などが象徴として力を持ちますよね。

 

こうしたものは少なからず、日常の生活を少しずつデザインして人をその通りに動かそうとします。動くかどうかは別にして。

 

そして、そこに政治的要素もさらに絡みます。国民として義務を背負わされてしまいますからね。投票に行かなくてもいいですが、本質的には生まれた瞬間にそうした社会的なものに埋め込まれてこの世に誕生します。

これはジョン・ロールズが言うような「無知のヴェール」に近いです。

 

また、ハンナ・アーレントも言うように。人間的活動を行う上で、どうしても社会的関係が結ばれてしまうことは避けられません。そうした広い意味で人間は社会的な生き物であるだけでなく、政治的な生き物であるとも言えると考えています。

 

そうしたことを鑑みると、

 

・まず本来的にそうした社会的システムに取り込まれた状態で誕生すること

・さらにそのシステムを維持するにはお金が必要なこと

・それを促進する制度として経済が回されていること(魅力的?な広告の存在)

 

などといったことを適当に一言で「知ったから」としてしまいました。すみません。

 

※ 追記終わり

 

こうした生きる目的を突き詰めた先には何があるかというと僕は「幸福になるため」だという結論に至っています。

 

liberal-arts-toshitiru.hatenablog.jp

 

ではそれぞれの幸福とはいったいなんなのでしょうか?

 

その幸福を突き詰めた先には結局のところ、

 

心からしたいと思うことをする

 

ということが言えると考えています。

 

なぜ「やりたいことをやる」のが正しいのか?

 

それを考えるためには、世の中にある数少ない「絶対的」なことは何かを考える必要があります。

 

結論を言うと、それは言うなれば

 

「我思う故に、我あり。」

 

なのです。

 

突き詰めれば何が「正しい」のかということも、自然科学ではゲーテの「不完全性定理量子力学の理論、またそれに伴った発見された「不確定性定理」、言葉、生物などの限界はいたるところで見つけられます。

 

何が「正しい」のか?

 

それを疑い切った先には疑いようのない「自分」がいるはずです。

 

ですが、それはウィトゲンシュタインの言葉を借りるなら

 

「語り得ぬものは沈黙せねばならない。」

 

というように、言葉ではもはや説明できない何か神秘的なヴェールによって覆い隠されてしまっています。

 

ですが、だからといって黙っているわけにはいきません。

論理哲学家である野矢茂樹先生はこうとも言っています。

 

「語り得ぬものは語り続けなければならない。」

 

僕もそう考えます。

それが学問が持つ力で明かすことができることの一つだと思うからです。

 

叫び祈り

ですが、先ほども述べたようにいつの間にか手段でしかなかったお金が実質的なパワーを持って僕らの行動を縛ります。

 

そして、そんなお金に縛られすぎる人々はこう言います。

 

「お前、悪いことは言わないから普通に生きろって。」

 

僕は問いたい。

 

「普通」とはなんなのか?

 

僕には理解できない。

少なくとも人生の選択をする上で「普通」なんて言葉は使うべきではない。

 

「普通」なのではなく、それは「あなた」の考えなんだと。

 

このように考えていくと、日常の至る所に言葉の魔力が潜んでいます。

 

僕が現在、研究をしている「自己責任」もそうした言葉のうちの一つです。

 

こうした力を持つ言葉を「言説」というのだけど、僕はこれを丁寧にかつ激しく弾き飛ばしていきたい。

 

確かに僕の主張の根源には「語り得ぬもの」が存在します。

 

でも、思うに確かに存在しているのです。

だからこそ、僕は今もこうしてブログを書いているし研究をしてできるだけ懇切丁寧に主張したいと思っています。

論理的・客観的になることを目指して。

 

それは僕なりの学問への、先人への敬意であり、未来への祈りでも叫びでもあるのです。

 

社会的な引力

そうした思いに至ったまさに1年とちょっと前にもいろんな人に「責任」を問われました。

 

ある大学組織に所属していたからです。

増してや僕は4つの長を掛け持ちしていました。

 

気がつけばそうなっていた。

 

時に運命とは皮肉なもので、そうした追い込む経験が今の僕の土台の一部を成しています。

 

だから、別に一概に批判して非難してやりたいわけじゃない。

もちろん僕がそうなった経緯やそこで見聞きした経験からいろんなことをまだまだ語れるけど、今は止めておきます。

 

とにかく、

何かを成そうとするとき、

殊に「お金にならないこと」に踏み込む時、

それ相応の覚悟がいります。

 

それは決して楽なものじゃない

 

いくらでも周りに引っ張るやつはいる。

良くも悪くも人間は社会的動物だ。

周りなくして自分はない。

だからこそ、周りを完全に無視することなど出来やしない。

 

僕が今こうして日本を飛び出して留学することに決めたのもそうした目に見えない鎖を断ち切るためだった。

いや、厳密に言えば「孤独」になりたかった。

 

しがらみから解放されて本当にやりたいことを突き詰めていきたいと願った上での行動だった。

 

僕がやりたいことはハッキリしている。

何度も言っているが僕は叫びたかった。

そして、同時に祈りたかった。

 

それぞれの「幸福」を。

先人への感謝と未来への期待と。

 

僕一人ではどうしようもないことはよく分かっている。

でも、誰かが動くことで何か変わるのならそれはとてもワクワクするような「楽しい」ことだと思った。

 

僕は「普通の生き方はこうだと説く大人」になるよりも「ワクワクすることを追いかける子供のような楽しい大人」になりたい。

 

そして、そこに本来の「正しさ」があるってことを伝えていきたい。

 

それが出来ればなんだっていい。

 

そう思って生きている。

 

もちろん、人生は何が起こるか分からない。

 

アルバート・アインシュタインだって生涯最後まで量子力学を否定したけど、彼も実際間違えていた。

 

僕が正しいと信じていることもいつか「正しくない」とされる日が来たってなんらおかしくない。

 

だから僕は「結果」ではなく「過程」を重んじる態度が大事だと思っている。

 

言うなれば「真実に向かう意志」だ。

 

それが僕が言う「学問」の意義であり「無知の知」であり、「教養」なのだ。

 

そう祈って、ただまた今日もここに叫ぶ。

いつか辿り着くと信じて。

 

※ 追記したとこも、最後の部分に関しても突っ込みどころがあるかと思いますが、上述の通り夜と酒の勢いに任せてほぼノーストップでよく校正も考えず書かれたものです。

おかしなところがあればご指摘して頂けると嬉しいです。よく考えて回答したいですし、勉強不足なところがあれば謝り、精進したいと思っています。

 

 

liberal-arts-toshitiru.hatenablog.jp

 

 

liberal-arts-toshitiru.hatenablog.jp

 

 

広告を非表示にする