読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

TureTiru Times

つれづれ「ちる」ままに日常や学問、ライフハックについて書き綴るブログ

教養についてちょっと考えてみた

考察
あとで読む

スポンサードリンク

今日の結論

「教養」とは「分からない」ことが「分かる」ということ?

 

まず、「教養」の指す意味を辞書で引いてみました。

 

【精選版 日本国語大辞典】

①(-する)教え育てること。教育。

②学問、知識などによって養われた品位。教育、勉学などによって蓄えられた

 能力、知識。文化に関する広い知識。

 

【広辞苑】

①教え育てること。

②(culture(イギリス・フランス)、Bildung(ドイツ))学問・芸術などにより人間性・知性

 磨き高めること。その基礎となる文化的内容・知識・振舞い方などは時代や

 民族の文化理念の変遷に応じて異なる。

 

「教養」っていう言葉を聞くと、たくさんの「知識」を持っていて、それを引き出せる

ってイメージがどことなくあるような気がします。けど、

 

これって本当に「教養」だって言えるのかな?

 

と最近は疑問に思うようになりました。

 

 

確かに、たくさんの「知識」を持っていて、さらにそれを引き出せることができる人

ってのはすごいです。

 

 

でも、よーく考えてみるとそれってただ「優秀」なだけなんじゃないでしょうか?

だって、例え専門の領域にとらわれずたくさんの「知識」を持っていたとしても、

「傲慢」な態度で抑圧的に人に接していたら、そこには「品位」がなく「教養」がある

とは言えないと思うんです。

 

そもそも上には上がいますしね。

 

ここまで知識があれば「教養」のある人だなんて言える基準はないはずです。

つまり、「知識」の絶対量で「教養」があると言えるのではないのです。

 

では、何をもってして「教養」があると言えるのでしょうか?

 

やはり、そこには「品位」というものが絡んでくるように思えます。

 

 

「品位」とは何かを紐解くために、「教養」とは先ほども述べた「幅広い知識を持ち

活用できること」を一つのヒントにしたいと思います。

 

 

知識を得ると、さらに奥深い知識の存在に気づきます。

いわゆる新たな「謎」ですね。

 

これに関しては、福岡伸一さんの著書である「世界はわけてもわからない」を読んで

もらうと「分かる」は「分からない」の入口であるのではないか?といったことがつか

めるのではないかと思います。

 

今の時代というのは、あまりにも知識の専門化が進み、途方も無い量かつ想像し得ない

ような知識や技術が存在しています。

 

それゆえ、「優秀」な人は自分には知識があるのだと奢ってしまう場合もあるのでは

ないでしょうか。

 

「分からない」ことが「分かる」。

つまり、「無知の知」ですね。

これが大事だと思うのです。

 

端的に言うと、「分からない」ことを「分かってる」人が「教養」ある人でもある

ということです。

 

 

そしてただ「無知の知」を知っているのではなく、例えこれまで築き上げてきた自分の

考えや価値観であったとしても、それがどのようなものなのかということを一歩引いて

多角的な視点から考えてみることができる、自分の殻を破り、ある意味で一から考えを

練り直すことができる、その上で、誰かのせいにするのではなく自分に責任を持つこと

ができる、ここまでできて本当の「教養」なのではないでしょうか?

 

 

ここで、自分の考えを押し付けてしまってはそれこそ「教養」がないですからね。

これは暫定的であることを強調したいと思います。笑

 

 

なぜなら、日本で言う「教養」とアメリカで言う「教養=Liberal arts」、

イギリスの教養、ドイツ・フランスの教養、まとめると西洋的な「教養」と東洋的な

「教養」と本当に際限なくあるからです。

 

 

言語によって、文化によって、最小単位で言うと個人によって捉え方は千差万別

でしょう。

 

 

全てを知ることができないのであれば、知ろうとするその姿勢にこそ「教養」がある

と言えるのではないでしょうか?

 

 

「『真理』は『真理』を追求する姿勢そのものに

こそ宿る。

 

 

とは、そのようなことを指して使っています。

 

 

ちなみに国立図書館の理念に

「真理は我らを自由にする」「真理は我らを豊かにする」

というものがあるそうです。

 

 

「教養」は英語で「Liberal arts」。

何か繋がるものがある気がしますね。

 

 

今回は知識のあるなしに関して焦点を当てた「教養」について考察してみました。

Liberal arts」の「arts」にも含まれるように「芸術」といった要素も「教養」を

育むものですよね!

 

それらに関してはこれまでにおいてあまり触れてはこなかったのですが、ちゃんと

考えてみるとすごく大切なものだと感じるようになってきました。

 

 

これからも「教養」とは何か、探求し続けたいと思います。

 

 

少し長くなってしまいましたし、いろいろなことを詰め込み

過ぎて逆に分かりづらくなってしまった気がします。

 

 

しかし、始めたばかりの初心者なので勢いも大切にしたいと思います。笑

 

それにも関わらず最後まで読んで下さった方、

ありがとうございました!

 

 

世界は分けてもわからない (講談社現代新書)

世界は分けてもわからない (講談社現代新書)

 

 

広告を非表示にする